2017/7/10

男性のアンチエイジング〜ニンニク注射、プラセンタ注射、ED治療など〜

【男性が元気になるために応援いたします!】

埼玉県越谷の いわさ泌尿器科クリニックでは、男性向けに元気なるための自由診療を行っております。

年齢を重ねるとどうしても、疲れがたまりやすい、二日酔いになりやすいなど、若い頃のような元気がなくなってきます。

そんな時に以下のような治療メニューをご用意しております。

1.ニンニク注射

すでに経験されている方も多いですが、短期的に元気になりたいという方にオススメなのが、ニンニク注射です。

ビタミンB12を配合した、アリナミンFを注射することで、疲労回復をしたり、全身の倦怠感、食欲不振などを改善させていきます。

いわさ泌尿器科クリニックでは、「ニンニク注射」と、さらに全身の痛みなどに効果のある「ニンニク注射ゴールド」をご用意しております。

是非一度お試しいただきたいと思います。

2.プラセンタ注射

女性向けと思われる方も多いと思いますが、プラセンタ注射は男性の方にも効果を発揮します。

プラセンタは、ヒト由来のラエンネックを使っています。
今までは、馬由来や、牛由来のものが多かったですが、現在はヒト由来がメインです。

医療用プラセンタ注射薬とは、日本国内の正常分娩で生まれた人の胎盤のみを使用して作られたものです。

妊娠入院時に、血液検査を繰り返しエイズやC型肝炎といった感染性の高い病気がないことを確認した胎盤を使用します。

その後、高圧蒸気減菌を行い無菌試験・動物試験が行われ高い安全性が確保されたものです。

効果としては、

健康:肩こり、腰痛、花粉症などのアレルギー、疲労など
美容:美白、保湿、シミ、シワ、たるみなど
男性の悩み:男性更年期障害、肝機能強化など

いわさ泌尿器科クリニックに来院されている患者さんの中には、二日酔い対策としてプラセンタ注射を打つ方や、美肌効果や、体の倦怠感をなくすために注射をされている方もおられます。

プラセンタ注射は、短期的な効果を目指すものではなく、一定期間注射を打つ必要があります。

その効果を高めるためには、早期段階では3〜5日に一度2〜3アンプルを、その後は1週間に2〜3アンプルを打つと良いと言われています。

患者さんとご相談の上、頻度やアンプル数を決めていきます。 

プラセンタには副作用がないという話も聞かれますが、献血を行うことができなくなったり、アレルギー反応が起こる可能性もあります。

医師に相談して、プラセンタ注射を活用するか考えることが重要です。

越谷の いわさ泌尿器科クリニックでは、患者様の健康状態を最初に検査させていただき、体全体の状況を確認させていただいております。

3.その他

その他、ED治療などもご相談ください。

いわさ泌尿器科クリニック(さいたま・越谷・春日部)
泌尿器科の検査・治療に関してはこちらをご覧ください