お知らせ

梅毒感染、地方でも増加_性感染症外来

梅毒感染の記事を朝日新聞が取り上げていました。

まずは検査が必要です。感染予防と検査は必須です。

当院でも実施しておりますので、来院していただければと思います。

 

梅毒の流行についての記事です。こちらもお読みください。こちらをクリック


http://www.asahi.com/articles/ASKBZ40WZKBZULBJ004.html

 

梅毒の感染が全国的に広がっている。

 

国立感染症研究所が31日発表した患者数は、今年に入って

10月22日までで計4568人。

42年ぶりに4千人を超えた昨年1年間の4518人を

すでに上回った。これまで多かった東京、大阪などの

大都市以外の地方でも患者が増えている。

 


 感染研によると、都道府県別では、東京が最も多く 1423人。

次いで大阪624人、愛知277人、神奈川258人、福岡190人

と続いた。地方でも患者の増加が目立つ。

昨年38人だった岡山は135人、15人だった熊本は55人と

それぞれ3倍超に急増。広島109人、香川59人、青森57人、

山口21人と、いずれも昨年の2倍を超えた。

 

 
 患者は2010年から増加。女性は20代に多く、男性は

20~40代に多い。性産業に従事する若い女性やその客となる

男性の間で感染が広がっている可能性が指摘されている。

 

 

梅毒は主に性行為で感染する。感染して3週間ほど後に陰部など

に潰瘍(かいよう)ができ、1、2カ月後に全身に発疹が出る。

妊婦が感染すると、流産や死産になったり、生まれた子どもの目や

耳などに障害が出たりする。

コンドームを使うことで感染のリスクを減らすことができ、

治療にはペニシリンが有効だ。

 大西真・感染研細菌第一部長は「感染が各地に広がってきている。

感染の恐れがある人は早く医療機関を受診してほしい」と話す。(土肥修一)

朝日新聞社

泌尿器科泌尿器科女性泌尿器科内科いわさ泌尿器科への アクセスはこちら診療時間はこちらお知らせ一覧