お知らせ

前立腺肥大の症状〜泌尿器科〜

【前立腺肥大とは?】

前立腺肥大症の頻度は、年齢とともに高くなり、50歳からより増加します。

 

多くの方に前立腺肥大の可能性があります。

 

組織学的な前立腺肥大は、30歳代から始まり、

 50歳で30%

 60歳で60%

 70歳で80%

 80歳では90%

にみられます。

高齢者では、ほぼ全ての方が対象となる病気ですが、

症状として発症する人は、そのうちの25%程度となります。

前立腺肥大の可能性があっても、排尿障害を行う方は一部です。


原因としては、肥満、高血圧、高血糖および脂質異常症と

前立腺肥大症の関係などが指摘されています。

 

前立線肥大症になると、トイレに行っても尿が出ない、

尿が溜まってしまって苦しいなどの症状を引き起こします。

 

 

夜中にトイレに行っても、尿が出ず、我慢していると

夜中に苦しくなって、夜間救急病院に行ってしまった

という患者さんの話を聞くと、大変だったなあと本当に思います。

 

 

尿を出したくても出せないという状況は本人にとっては

本当に辛い症状です。

 

 

しっかりと医療機関にかかっていただきたいと思います。

また、セカンドオピニオンとしても、ご来院いただきたいと思います。

泌尿器科泌尿器科女性泌尿器科内科いわさ泌尿器科への アクセスはこちら診療時間はこちらお知らせ一覧